緊張と緩和。《ポ子研》

こんにちは。
ポラな子育て研究所のまいこです。

先日、年長の息子の幼稚園でオープンスクールがありました。
どんな様子なんかな〜と、行ってまいりましたよ。

息子の好きな遊びはドッジボール。
お外でお友達とあーだこうだ言いながら楽しむ姿に、園での成長を感じました。
お友達とコミュニケーションをとる姿も私には新鮮で、とっても微笑ましい気持ちにさせてもらえました。

そして、室内での姿も見せて頂いたのですが。。。

とっても姿勢がいい!!!!!!

ビシーーーーーッ!と背筋を伸ばし、手はお膝。
それはそれは素晴らしく積み重ねられた背骨でしたw

帰宅後、「いつもあんなにシャッキと座ってるの?疲れへんの?」と聞くと、薄ら笑いを浮かべておりました。

で、別の日に不意に撮った息子の写真。

猫背。

幼稚園を終え、リラックスしておりますw

小さい背中が【緊張と緩和】【外と内】使い分けてるんやぁ〜と教えてくれました。
【極性】を意味するポラリティ、まさにコレです。

小4になる娘が幼稚園に通っている頃に言われたこと一言があります。

「家ではゆっくりしたいねん!!!」

そ、そうですよね、とw

主人が「幼稚園でやってるんなら、家でもしなさい。」的なことを言った時の娘に一言。

私と主人にグサリと刺さり、今でもちょいちょい話題になります。

家ではゆっくりしたいねん。

家はゆっくりするところ。
骨を休める場所。
自分に還る場所。

ニュートラルポジション。

家族にとってそういう場所であることが理想です。
もちろん自分にとっても。

そういう家庭づくり、家族みんなの意見を聞き合いながら作り上げられたらいいですね。

そうしていきたい、と思う今日この頃です。


所長•まいこ

Liprana*

since 2013 「もう、こんな私は嫌。」 「心も身体もスッキリ軽くなりたい。」 「ほんの少しでもいい、変わりたい…」 そんな時はライフエナジーを循環させましょう。 ライフエナジーを整えていくプロセスは まるで人生を旅するような感覚。 そう、人生は長い旅路。 悩んだときはホッ…と一息 身も心も休めて、養ってあげませんか?

0コメント

  • 1000 / 1000